DELL Inspiron 13 7000 軽くて使いやすいもののキーに若干の癖あり

DELL Inspiron 13 7000 軽くて使いやすいもののキーに若干の癖あり

現在利用中のPCは2台です。

そのうち最近のメインである、DELL Inspiron 13 7000 のレビューです。

DELL Inspiron 13 7000を使っている理由

主にアプリ開発(Android)と、ネットショップなどのWeb閲覧に利用しています。

製品のページはこちらです。

実際の購入もこちらのオンラインサイトから実施しました。

購入は2019年の1月です。

購入は2019年の1月です。

もともとWindowsを長らく利用しておりますので、OSはもちろんWindows10です。

またデスクトップにするほどスペースもないこと。

昨今はノートパソコンでも十分なスペックが出ることからノート型です。

選んだ理由は、ポート類のすっきり度

こちらを選んだのは、ポート類がすっきりしているため、です。

というのも以前はHPを利用していました。

が、USB、ディスプレイ外部ポートがなどが右側に集中していました。

わたくし、右利きであるため、作業時に(例えばUSBメモリなど)が手にあたる or 当たらないように作業する必要がありました。

そのため、邪魔でした。

操作のたびにフラストレーションを抱えていたため、です。

こちらの機種であればこのような問題はなく、重量もHPと似ていた、というのが決め手です。

15万程度で購入しました。

費用はそこそこしましたが、15万程度です。

利用を始めて3か月程度ですが、おおむね満足しています。

しいて上げるとすればキーボードに未だ慣れない、というところでしょうか。
(矢印キーが微妙に小さい)

前回の機種を3年は使いましたので、今回の機種も命尽きるまでを考えています。

私が今使っているパソコン東芝のダイナブックAZ15/AB

私が今現在使っているパソコンは、ノートパソコンです。

1台だけ使っています。

以前はノートパソコンを複数持っていました。

ですが、今は緊急に必要になった時はスマホで代用しています。

なので本当に簡単な用途はスマホで済ませて、複雑な事はノートパソコンを使って仕事しています。

今のパソコンは、東芝のダイナブックの型番AZ15/AB

そして、今使っているパソコンは東芝のダイナブックの型番AZ15/ABをという型番の物を使っています。

これを購入した当時に東芝のダイナブックから発売されていたものを探していて、見つけたというのがあったからでした。

ダイナブックにこだわった理由

どうして私はダイナブックにこだわったか?の理由です。

それは、初めて使うようになったノートパソコンが東芝のダイナブックだったからです。

買うならダイナブックが安心だと思っていたからでした。

これを買ったのは2016年の秋頃でした。

これを買う前に使っていたノートパソコンがボロボロになってもう使い物にならなくなっていました。

そして、購入したというのがありました。

わたしは、当初からWin派

パソコンを買う際には、MacとWindowのどちらのOSを使うかが問題になります。

私は昔からパソコンはWindowsを使っていました。

なので迷わずにWindows(Windows10)のノートパソコンを購入したというのがありました。

また、この時に購入したダイナブックは、Amazonで、4万円程度売られていました。

まさに私が望んでいた価格帯の物が買えたと思いました。

もし、次の機会にまたダイナブックを買う時があるなら、今のパソコンが壊れた時に買うか、今のパソコンよりも使いやすいのが出た時に買おうかと思っています。

動画編集のために購入したNEC Lavie S LS700 Intel Core i7

ノートパソコン

私は動画編集が好きであり、趣味であります。

学生のころから古いノートパソコンを使って動画編集ソフトを使い、動画編集をしていました。

新しくパソコンを買った理由

当時私は様々な多数のエフェクトを同時に使用したり、たくさんのレイヤーを使用していました。

そのため、パソコンが重くなり急にソフトが落ちてしまうことがありました。

また、実際の動画が出来上がったら際のプレビューが上手く表示できなかったりと不満だらけでした。

そんな不満を抱えながらも趣味である動画編集を続けていました。

私は社会人になると、新しいノートパソコンが欲しくなり動画編集に向いているパソコンについてリサーチしました。

調べていくうちにあるワードが出てきました。

それがIntel Core i7です。

どうやら Intel Core i7が良いらしい

どうやら動画編集などの高い負荷を伴う動作を行うには高性能である、Intel Core i7が良いらしいのです。

それを知った私は、お店の人に動画編集とCore i7 というワードを出してお勧めされたPCを購入しました。

NEC Lavie S LS700/N PC-LS700NSB-E3 Core i7というノートパソコンを購入しまいした。

お値段は18万円前後と高価格

Intel Core i7という高性能・高機能なCPUを搭載しているだけあって、お値段は18万円前後と高価格でした。

高価格に見合っただけの性能とスペックを備えています。

なので、動画編集をする際は、とても快適に作業でき、大変満足しているので後悔はありません。

ちなみに2014年の2月ごろに地元のノジマ電気さんで購入し、現在まで愛用のノートパソコンを使っております。

デスクトップではなくノートパソコンを選んだ理由

デスクトップではなくノートパソコンを選んだ理由です。

動画編集を家の中や外出中でもどこでもしたいなと思い、ノートパソコンにしました。

現在も問題なく動画編集の作業できていますが、購入した当初に比べると、やや動作が重くなっている気がします。

おそらくエンコードと呼ばれる作業を繰り返したことによって、HDメモリが劣化してきたためなのかと思います。

またまだ現役で使っていくつもりです。

作業に支障をきたすくらい動作が重くなったら新しいパソコンを購入しようと考えています。

次回パソコンを購入する際は、SSDとIntel Core i7を搭載しているデスクトップパソコンを購入してみたいと思っております。